2015年03月09日

大河のフグの話




 昨日のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』ふぐの話が出てきましたね。

 吉田松陰と塾生が、ふぐを食べるかどうか議論を交わすという、お話。 

 松陰は「命は惜しくはないが、くだらぬことで命を落としたくはない」みたいなことを言って、ふぐは食べず、
 その姿を、若き日の伊藤博文が見ている……
といったシーンでした。 

 このシーン、ひょっとすると、将来(結構、先)のお話の伏線になっているのかもしれません。(違うかもしれません……)

 もし、そうだったら、ネタバレになってしまいますので、これ以上書くのはやめておきます。

 もし、単なる考えすぎで、ドラマで二度とふぐの話が出てこなかったら…… 
 その時また、ちょっとした歴史小話を披露したいと思います。

 それまで、しばし、ふぐの話、覚えておいてくださいね。



posted by 福田智弘 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: